Top > 健康 > 高血圧が体にどうよくないのか?

高血圧が体にどうよくないのか?

血圧が高いことがよくないということは知られてきました。

しかし、高血圧が体にどうよくないのか?

どの位の数値がいいのか?

という人がほとんどで、実際にはその恐ろしさや原因を知っている人はそう多くはいません。

血圧が高い状態、つまり「高血圧」の状態が続くと、まず影響を受けるのが「脳」続いて、心臓、腎臓です。

つまり、高血圧は命に関わる大切な臓器に影響を及ぼすのです。高血圧は命に関わる大切な臓器に影響を及ぼすのです。高血圧は命に関わる大切な臓器に影響を及ぼすのです。高血圧は命に関わる大切な臓器に影響を及ぼすのです。

けれど、臓器に影響が出始めても自覚症状がないこともあるので、治療を受けない人が多くいるといわれています。

高血圧が『静かな殺し屋(サイレント・キラー)』

ともいわれている由縁ですね。高血圧になる原因は?というと、

ストレス、運動不足、塩分の摂り過ぎ、肥満、加齢、寝不足・・・と様々な要因が考えられています。

現在、これらの要因がどのようにして、高血圧を起こすのかということは、完全にわかってはいません。

次の章から詳しく高血圧についてお伝えしていきます。

→ 藤城式高血圧改善食事 評判と口コミ

健康

関連エントリー
高血圧が体にどうよくないのか?
カテゴリー
更新履歴
つぶより野菜 口コミ(2019年1月 9日)
高血圧が体にどうよくないのか?(2019年1月 8日)
興味深い忘年会余興(2018年12月25日)
ミューノアージュ(2018年12月25日)
とうきのしずく(2018年12月24日)